男性型脱毛症(AGA)

男性型脱毛症(AGA)について

AGAとは

 AGAは、思春期過ぎに遺伝的背景を持つ男性の前頭部から頭頂部で起こりますが、女性でも頭頂部を中心に同様の変化をみることがあります。症状は進行性で、一度症状が出始めると、その後は徐々に薄毛が進行してゆきます。AGAの人は全国で1,260万人いると言われています。

AGAの原因

遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。
AGAの原因物質はDHT(ジヒドロテストステロン)です。DHTは、5α-還元酵素によりテストステロン(男性ホルモン)が変化した物質で、毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体に結合すると、毛の成長を止めてしまう作用があります。DHTがたくさん作られてしまうと、毛髪が太く長く成長する前に抜けてしまい、十分に育たない細く短い毛髪が多くなるため、全体として薄毛が目立つようになります。

AGAの治療法

 AGAの治療法にはミノキシジル(商品名:リアップ)を代表とした外用療法や、フィナステリド(商品名:プロペシア、後発医薬品:フィナステリド)もしくはデュタステリド(商品名:ザガーロ)の内服療法、外科的治療法である植毛などがあります。

 軽症~中等症のAGAに対しては外用療法または内服療法、あるいは両者の併用を行い、効果があればそれを継続します。この治療で改善しない場合や重症・進行例に対して植毛を検討します。

内服治療について

治療のポイント

☆ 主に期待できる効果は、抜け毛の進行を食い止めて現状を維持することです。
☆ 個人差はありますが、増毛効果もあります。
☆ 薄毛が気になりはじめたときに、対処するのが最も有効。
☆ 抜け毛が減ったかどうかが効果の目安。
☆ 効果判定には6ヶ月以上飲み続ける必要があります。

内服薬の作用機序

 ジヒドロテストステロン(DHT)の産生に必要な5α-還元酵素を阻害することにより、抜け毛の原因物質であるDHTの産生をえます。この5α-還元酵素にはⅠ型とⅡ型がありフィナステリドはⅡ型の働きを抑制し、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方の働きを抑制します。

内服薬の効き目

 臨床試験の結果、いずれの薬剤でも9割以上の人にAGAの進行を抑える効果が認められています。

薬の飲み方

 1日1回決まった時間に内服します。食前でも、食後でも効果に差はありません。自分が飲みやすい時間を決めて薬を飲むようにします。小児や女性はぜったいに内服してはいけません。

服用の目安

 抜け毛が減ったかどうかが効果の目安となり、効果判定には6ヶ月以上の服用期間を要します。効果が確認できても、飲むのを止めると薬の効果が無くなり、再びAGAが進行してしまいます。AGAの進行を止めておくためには、数年単位で薬の服用を続ける必要があります。

副作用

 比較的安全性の高い薬ですが、ときに副作用と思われる症状が見られます。主な副作用は性機能の低下(リビドー減退や勃起機能不全など)、消化器障害(下痢、胃部不快感など)、臨床検査値異常(総コレステロール増加、ALT上昇など)です。これらの副作用は、通常薬を中止すれば回復します。

 他にも何か薬の影響と思われる症状が現れた場合には医師にご相談ください。

治療費について

AGA治療に保険適応はありません。全額自己負担となります。

初診料 5,400円(税込)
再診料 2,160円(税込)
血液検査料 3,240円(税込)
プロペシア(1単位) 7,560円(税込)
フィナステリド(1単位) 5,940円(税込)
ザガーロ(1単位)

7,560円(税込)

※ 1単位は4週間分です。

塗るタイプの育毛剤・発毛剤との併用は

 頭皮につけるタイプの育毛剤と一緒に使っても特に問題はありません。
 プロペシア(内服)とミノキシジル(外用)に関しては、それぞれを単独で使用するよりも、両者を併用した方がより効果的であるというデータがあります。

重要な注意事項

☆ 決められた用法・用量を守ってください。
 たくさん服用したからといって効果が増すことはありません。むしろ有害と考えられます。

☆ 男性成人のみ服用してください。
 女性の脱毛症に効果は認められていません。特に妊婦が内服すると、男子胎児の生殖器官の発育に異常を来たします。

☆ 錠剤を割って飲まないでください
 剤を割って服用した場合に、有効性は保証されません。

☆ 家族や他の人にあげないでください
 この薬は必ず医師の診察を受けて、処方してもらってください。

☆ 前立腺癌検診を受ける方は、この薬を服用していることをお伝えください。
 AGAの内服薬は前立腺癌検査で測定されるPSA値を約50%低下させることが知られています。したがって、測定したPSA値を2倍した値で評価を受ける必要があります。

生活習慣にも注意が必要

 喫煙、習慣的なアルコール摂取、睡眠不足、ストレス、栄養バランスの乱れなどはAGAの進行を早める可能性があります。特に喫煙は、毛根へ栄養を運ぶ末梢血管を収縮させてしまう悪影響があります。薬による治療を受けられる際には、同時に禁煙することをお勧めします。

メールでのお問い合わせはこちら TEL:03-5479-6051 メールでのお問い合わせはこちら TEL:03-5479-6051

contact_tel.png

メールでのお問い合わせ

再来患者さまWEB予約サービス